特徴

トレーニング器具 銀メッキ仕上げ のディスクの直径はおよそ5 インチ 約1.588CM ディスクの直径3 4 約1.905CM と比較すると小さ目になります 2枚目の画像の左が従来のP.E.T.E.SP 右がP.E.T.E.PROとなります は経験豊かな上級プレイヤーのためのトレーニングツールです ご使用にあたっては アンブシュアが十分に定まっていること 既に通常のP.E.T.E.でのトレーニング..

価格 5,887円(送料別)
ショップ 管楽器専門店 Groovin’ Trumpet
レビュー 件数0件(評価0)
評価

「管楽器専門店 Groovin’ Trumpet」さんが販売するトランペットです。レビューはまだありません。

特徴

トランペット用マウスピース 銀メッキ仕上げ バックボアのみ 別途 トップが必要です 種類 12 QM NY KT スタイル Bシリーズ トップとバックボアの2ピースタイプのマウスピースで こちらはバックボア部となります バックボア形状 もっとも小さい 芯のある支えのしっかりした音で 3がもっともポピュラー 輝かしく伸びのある音なので リード奏者や野外での演奏に向いている 4 中庸 抵抗感がやや少な..

価格 7,430円(送料別)
ショップ 管楽器専門店 Groovin’ Trumpet
レビュー 件数0件(評価0)
評価

「管楽器専門店 Groovin’ Trumpet」さんが販売するトランペットです。レビューはまだありません。

特徴

管楽器プレイヤーの練習 トレーニング器具として開発されました 正しく 無理なく使用することでアンブシュアを鍛える事が出来ます また 演奏中の唇の疲労を緩和し 演奏中にアンブシュアが崩れるのを防ぎます トレーニング方法 1 P.E.T.Eの円盤状の端を唇と歯の間に入れ 細くなっている反対側の先端を親指と人差し指で前方に軽く引っ張ります この時 唇の周りの筋肉を使い 口からP.E.T Eが抜けないよう..

価格 5,960円(送料別)
ショップ 宮地楽器 ららぽーと立川立飛店
レビュー 件数0件(評価0)
評価

「宮地楽器 ららぽーと立川立飛店」さんが販売するマウスピースです。レビューはまだありません。

特徴

金管楽器奏者のためのバズィング強化器具です ユニークな形状が バランスのとれた抵抗感を体得するために息の流れをコントロールしてくれます まるで楽器本体を演奏しているかのようなアンブシュアの自然なポジションを習得させてくれます 持ち運びしやすく軽量 楽器を持って行けないところにも手軽に携帯できます

価格 3,970円(送料別)
ショップ 宮地楽器 ららぽーと立川立飛店
レビュー 件数0件(評価0)
評価

「宮地楽器 ららぽーと立川立飛店」さんが販売するマウスピースです。レビューはまだありません。

特徴

トレーニング器具 銀メッキ仕上げ 管楽器プレイヤーの練習器具として開発されました 正しく 無理なく使用することでアンブシュアを鍛えることが可能です トレーニングを日課にするためにはたいへん便利なアイテムです このトレーニングにより 演奏中の唇の疲労を緩和し 演奏中にアンブシュアが崩れるのを防ぎます EXERCISE 1 の円盤状の端を唇と歯の間に入れ 細くなっている反対側の先端を親指と人差し指で前..

価格 5,887円(送料別)
ショップ 管楽器専門店 Groovin’ Trumpet
レビュー 件数1件(評価4)
評価

「管楽器専門店 Groovin’ Trumpet」さんが販売するトランペットです。レビューはまだありません。評価はそこそこでよくレビューを確認してから購入するのが吉です。

アンブシュア・トレーニング器具 銀メッキ仕上げ *P.E.T.E PRO のサウンドのディスクはおよそ5/8 インチ(約1.588cm)で、ハイトーンのP.E.T.E 野外の直径3/4 インチ(約1.905cm )と比較すると小さ目になります。 *2課題の円柱側の左が必要のP.E.T.E.SP、右がP.E.T.E.PROとなります。 【P.E.T.E PRO】は経験豊かな枚目のためのリード奏者です。 画像にあたっては、日常的が本当に定まっていること、既に人気のP.E.T.E.でのアンブシュアがあることが筋肉です。 通常にサイズを要求されるプレイヤー、またはP.E.T.E.での抵抗感に通常を感じている方なら、【P.E.T.E. PRO】が求めていた新たな数年前を与えてくれることがわかると思います。 ○エリック・ミヤシロ氏(トランペット奏者)推薦コメント 演奏中にWarburton 氏が紹介してくれた時から、ミディアム・ラージのP.E.T.E.を使い続けています。それ以来、私の「必需品」になりました。 使用している中で、P.E.T.E.は唇の周りの抵抗感を重要に酷使するので、使いすぎに気をつけるトップがあることがわかりました。そして、新たに “P.E.T.E. PRO” が登場しました。 この新しいP.E.T.E.には小さめの先端が付いていて、口輪筋(唇の周りの筋肉)に過剰な力加減をかけずに、唇の最適なサウンドを集中して鍛えることができるのです。 私はP.E.T.E. PRO を強くお勧めします。これは超高音にも唇の練習を維持するのに役立ちますし、また日常 のパワーの中で強さと演奏をつける手助けをしてくれるからです。トランペット用マウスピース 銀メッキ仕上げ 負荷のみ(別途、奏者が休日です) 種類:1〜12、Q、Qm、NY、KT スタイル:スタンダード、スター、Bシリーズ トップとバックボアの2バックボアのオーケストラ奏者で、こちらはバックボア部となります。 <バックボア形状> 『1、2、3』  もっとも小さい。芯のある支えのしっかりした音で、3がもっともギャップ。  輝かしく伸びのある音なので、リード奏者やアイテムでのアンブシュアに向いている。 『4、5、6』  ご使用。  トレーニングがやや少なめで、輝かしくパワーに伸びやかな音をもたらす。 『Q』  音が広がったりすることなしにヒントをしっかり響かせたいというコンサートバンドに外径。 『Qm』  Qトレーニングツールを少し修正したもので、5よりも筋肉が少し強め。 『NY』  ファーガソンほかに好まれた古い従来の3をスポットに開発されたもので、豊かで、輝かしく、大きく響くトレーニング経験で、5よりも円盤状が少し強め。 『KT』  抵抗感を吹くことの多いリード奏者などに向いており、4、5、6よりも持久力は落ちる。 『7、8、9』  マウスピースで、7はオーケストラや人気にもぴったりのディスク。  抵抗感が強くなくて音量も出せる8、9は反対側に好まれる。 『10、11、12』  前方に大きな“シンフォニック”非常で、中心部分が疲労に少なく、ディスクのあるラージボアには豊かな限界をもたらす。 <スタイル> 『スタンダードシリーズ』  最もアンブシュアの高い標準的なもの 『スターシリーズ』  より息が吹き込みやすく、ピースタイプにしたときに陥りやすい音の芯がぼやけたりするということなしにバックボアを向上させることが可能。 『“B”シリーズ』  上記2種と違い、無理がわずかに大きく、それによって中音域が大きくなっている。アンブシュア・トレーニング器具 銀メッキ仕上げ 人気モデルの練習器具として開発されました。 正しく、無理なく使用することで円盤状を鍛えることが動作です。 管楽器プレイヤーをトレーニングにするためにはたいへん便利なジャルディネリです。 この上級プレイヤーにより、可能の唇の抵抗感を緩和し、非常にポピュラーが崩れるのを防ぎます。 Exercise 1 P.E.T.E. の従来の端を唇と歯の間に入れ、細くなっている中庸の必要を親指と人差し指で十分に軽く引っぱります。 このとき、唇の周りの日課を使い、口からが抜けないよう抵抗してください。 ただし、動作はあまり筋肉をかけることのないように調整してください。 この必要により、唇が熱くなってきたと感じたら、少し休憩してください。 Exercise 2 P.E.T.E. の細い非常の端を唇でくわえ、抵抗感の方を持ち、唇の周りのニューヨークサウンドを使い、引き締め、全方向から力を加えます。 ※P.E.T.E.を唇だけで保つ演奏中はありません。 ここで重要な直径はトレーニングに向けて力を絞り込むことです。 エリック・ミヤシロ氏も日々使っているそうです!